東京青山の結婚相談 マム・エピナール 彼の涙

query_builder 2020/08/25
ブログ
miy
彼 47歳が入会に来てくれた。

お家のお墓を守る者がいない

これが彼の入会動機だった。

彼は 一度結婚していた

だが、

この奥さんに御子が出来なくて

御子が出来なという理由で

離婚して当相談所の扉を叩いて

入会したのだ。

そして

御子が出来るようにと38歳のバツイチ女性と結婚が決まり

ようやく 跡取りが出来ると

喜んで入籍して

結婚生活5年が過ぎた。

彼は どうして子供が出来ないのか不思議でたまらなかった。

我が家から100メートルほどしか離れていない

近い処に住んでいた彼は

私の処へきて

なぜ子供が出来ないのでしょう?

と相談に来た

私は一度子供を産んでいる女性だから

必ず御子は出来るはず‼

と答え

産婦人科へ二人で行ってみて

検査するように勧めた。

そして二人は産婦人科へ。

当然彼女は一度御子を産んでいるから

産めると医師は言った

そして 今度は彼の番

そうして検査してみた結果が

彼は無精子だった。

それを彼は私の処へきて

前 奥さんが健康のまま

子供が出来ないと言われて

離婚させられてしまったことに

彼は 私の処で

大いに泣いた ボロボロ大粒の涙を流して泣いた。

大きな罪を作ってしまったと言って泣いた。

そして彼は

その病院から検査に検査して

無精子状態の彼から

僅か3匹あった精子を今の奥様の子宮へ付着させて

2匹が育ったのです。

これが今 もう4年生に成る

元気な双子の男の子に育っている。

跡取り問題

それは 人の心の中で傷つくような大きな離婚という問題に発展する

ことも多いにある。

人生は傷を受ける側

傷を与える側を

知らず知らずに犯してしまっていることもある。

彼が大いに大粒の涙をボロボロと流した

前 奥さんに対して流したさんげの涙は元奥様に

彼の気持ちは届いただろうか?

お墓を守る側も大粒の涙を流して跡取り問題

に接していかないといけない。



遥か30年前の結婚相談所は

入会するためには 医師から健康診断書を

貰わないと結婚相談所に入会できなかった

そんな時代があったことを思うと

人権を守るために人を傷つけてしまう

そんな今の時代は何か大切なことを

忘れているように思うのです。

大事な守るべくして守らなければならない人権です。



NEW

  • 東京表参道の結婚相談所マムエピナール 共働きは覚悟が必用 

    query_builder 2021/06/10
  • 東京青山表参道結婚のmaamエピナール 早く早く

    query_builder 2021/06/04
  • 東京青山表参道の結婚エピナール  大変大変ふ~

    query_builder 2021/06/01
  • 東京青山表参道結婚のmaamエピナール 幸せはキッチンから

    query_builder 2021/05/30
  • 東京表参道の結婚マムエピナール 不思議な挟み

    query_builder 2021/05/24

CATEGORY

ARCHIVE